京都で寛ぎながらレースに思いを馳せる

カフェレーサー D.ZERO。

  • 美しいフロントフォーク
  • クロモリレーサーのようなウィップ感と快適性

クラシカルな見た目とは裏腹にハイモジュラスカーボン故の剛性と軽さでレースにも使用できる。

この種のバイクに徹底した軽量性は無意味と分かりつつも、軽さを求めるのが人の性。

UCI最低重量規制の壁をどうすれば破れるか。

しかもお洒落に。

そんなことをカフェで寛ぎながら考えたくなるフルカーボンフレームD.ZERO。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください